テレビ

リニューアル版ドラえもん

suneo.jpg


<真うかつエピソード2197>
 ドラえもんスタッフ・声優一新版。とりあえず見ましたよ。で、感想。予想通りスネ夫がいいですね。旧来のイメージを引きずりつつも、キチンとモノにしているあたり、さすがは名優関智一。一番の懸念材料だった中学生のジャイアンも思いのほか良かったんじゃないでしょうか。問題はやっぱ主役の二人ですかねぇ・・・。まぁ大山のぶ代のドラえもんも最初は慣れなかったし、そのうち馴染んでくるとは思いますが、今のとこ、目を閉じると女の子同士の会話に聞こえちゃうのはオイラだけでしょうか?
 ま、そうはいってもドラえもんは元来お子様たちの見るべきもの。半年も経てば、順応の早い子供たちの間では、しっかり認知されるんじゃないかと思いますヨ。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

水戸黄門in弘前

matumura.jpg


<真うかつエピソード2172>
 本日の水戸黄門は我が故郷弘前が舞台だというので、見てみましたよ。内容の方は、津軽塗りのガンコ職人の親子喧嘩を軸にに、取引を一手に引き受けて利権を目論む悪徳商人と、それに加担する役人をご老公様が成敗するというお馴染みの王道パターンでした。
 でもねェ、登場人物の多くが江戸時代の津軽人だというのに、みんな全然訛って無いとは何事よ。

×「大きくなったらお父ちゃんみたいになるんだ」→○「おがったらおどみてになるじゃ」

 これが正解。
 しかし冷静に考えたらこれでは視聴者用字幕スーパーどころか、水戸黄門御一行様用に通訳が必要になりそうですな。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

あの人は今?

atusi.jpg


<真うかつエピソード2171>
 本日の「行列の出来る法律相談所」のスペシャルにビートたけしさんが出ていて、家族の話なんかしてました。そういえば長女の井子ちゃんは最近子供産んで話題になりましたが、長男の篤君は最近どうしてるんでしょう?ネットで検索しても全然引っかからないところを見ると、芸能界からは縁遠い生活をされていそうですが。それともオフィス北野の副社長でもやっておられるんでしょうか。気になるなぁ。本人はほっといてくれって感じでしょうが。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

兄弟ネタ(?)2点

dango.jpg


<真うかつエピソード2121>
 午後の緩い時間が流れるひと時、BSハイビジョンを何となく見ていたら、どっかで見たことがあるような男性が、ピーター・ポール&マリーかなんかの歌を熱唱しておられました。ウンウン唸って名前を思い出そうとしましたが、どうしても出てこなかったので諦めてHPで確認したら、速水けんたろうお兄さんでした。成る程、どおりで歌は上手い。しかしホントに見た目の年齢がかなり不詳ですな、この方。かなりイイ年になられたはずかと思うのですが。

 その後夜になってテレビ東京のこれまた緩い感じの旅番組を何となく見ていたら、ビリー・バンバン兄弟が内房総の温泉宿に泊まっておられました。相変わらず綺麗なハーモニーを披露されておりましたが、こちらは見た目流石に老けられましたな。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

あれから一月経ちました

nankai.jpg


<真うかつエピソード2119>
 何から一月って、「M-1」からですよ。放映直後に最終予選出場者のグーグル数を調べてブログに書き留めておきましたが、その後どのように順位が変動したか、とりあえず報告しておきます。

1.(-)アンタッチャブル 36,700グーグル(+15,600)
2.(-)麒麟 30,300グーグル(+9,400)
3.(-)笑い飯 26,900グーグル(+6,800)
4.(↑)南海キャンディーズ 16,200グーグル(+12,370)
5.(↓)千鳥 13,100グーグル(+2,900)
6.(↓)タカアンドトシ 7,810グーグル(+1,850)
7.(↓)東京ダイナマイト 7,600グーグル(+1,990)
8.(↓)トータルテンボス 6,910グーグル(+1,940)
9.(-)POISON GIRL BAND 5,430グーグル(+2,000)

 一見ものすごく順位が変動しているように見えますが、実際のところ、今まで知名度の低かった南海キャンディーズが4グループ抜きの大躍進を遂げたまでのことです。1月内の増加ヒット数だけを見ると優勝したアンタッチャブルに次いで2位ですからねぇ。
 しかし皆さんさすがにM-1の決勝まで残っただけのことはあり、全員順調に票を伸ばしておりますね。これからの活躍如何では更に順位の変動があってもおかしくありませんな。

 しかしオイラ、M-1後一回もテレビで南海キャンディーズを見てないんですが、その後大阪方面や舞台では活躍されているのでしょうか?動向がかなり気になります。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

年末年始のTV雑感

bobby.jpg


<真うかつエピソード2094>
 去年の紅白はやはり視聴率的には振るわなかったそうで。ボク的にもボビーとか滝本とか長井秀和見てた時間の方が長かったような気がします。ボビーに関しては、欲を言えばマイク・ベルナルド戦が見たかったんですけどネ。

 この年末年のTV見てて始何が大変かって、細木数子の出てない番組を探すのが大変。つかアンタほんとに出すぎ。

 んで、ここまで見た段階で一番ボク的に面白かった番組は、ガキの使いの罰ゲーム。ダイナマイト四国肉離れ特にツボ。四っ国四っ国!

 表紙解説を更新。コチラ。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

M-1出場者とグーグル数

sizu.jpg


<真うかつエピソード2087>
 今年もM-1グランプリが催されましたな。記念に最終予選に残った8組+敗者復活戦で勝ち上がった麒麟の現時点での「コンビ名+お笑い」で検索時のグーグル数をヒット数の多い順に書き留めておきますヨ。

1.アンタッチャブル 21,100グーグル
2.麒麟 20,900グーグル
3.笑い飯 20,100グーグル
4.千鳥 10,200グーグル
5.タカアンドトシ 5,960グーグル
6.東京ダイナマイト 5,610グーグル
7.トータルテンボス 4,970グーグル
8.南海キャンディーズ 4,530グーグル
9.POISON GIRL BAND 3,430グーグル

 やはり実績のある方がヒットしますなぁ。1年後にまたググってみましょう。どう順位が変動するか楽しみですね。

 で、競馬ですが、ゼンノロブロイ1着だけは当たりましたがデルタブルース5着で撃沈。さよならボクの千円。シクシク。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

素子は今

baribari.jpg


<真うかつエピソード2070>
 ごはんの後の何気ない親子の会話の中で。

ウチの母:そういえばこの間の「世界バリバリバリュー」に伊藤素子が出てたよ。

 伊藤素子。これまた懐かしい名前であります。今からもう20年ぐらい前になるんですかねぇ。巨大銀行を舞台にした巨額のオンライン詐欺事件。実行犯のうら若き女性銀行員と、主犯格の愛人の男。当時のワイドショーや芸能誌で随分センセーショナルに報じられたっけ。また、この女性銀行員こと伊藤素子が結構な美人で、世の男性諸氏から刑務所にファンレターまで届く始末。
 順調に務めておれば、とっくの昔に出所しているとは思いますが、世界バリバリバリューといえば世の中の(ちょっと僻みを感じる程度に)金持ちの暮らしっぷりを紹介する番組。そうすると、伊藤素子も出所後は玉の輿か何かに乗って、優雅に暮らしているのでしょうか?人生ってワカランもんよのぅ。それにしたって、よくテレビに出たなぁ。で、彼女今何やってんの?

ウチの母:何でも外国人専門の芸能プロダクションの社長だって

 母ちゃん、それ、伊藤素子じゃなくて稲川素子だよ・・・。

 「The World of Weapons」に「Amenomurakumonotsurugi」追加。コチラ。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

当時のスポンサーは学研でした

machiko.jpg


<真うかつエピソード2067>
 例によってテキトーにチャンネルを回していたら、CSのファミリー劇場で「まいっちんぐマチコ先生」がちょうど始まるところでありました。懐かしくなったのでちょっと見る・・・つもりだったんですが、オープニング見て辛くなったので中断。パンチラ、シャワシーンはまだいいとして、胸もあらわになるシーンなどは、この年になって一人で見ると返ってツライものがあります。てか、生徒や同僚に胸触られたり裸見られてるのに、ほほ染めて照れてる場合じゃないぞ、マチコ!
 今となってはパンチラも女性の裸もNGのテレビ東京ですが、こんなんゴールデンタイムに流していたとは、80年代って時代は大らかだったんですねぇ・・・。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

はぁドラドラ

dorami.jpg


<真うかつエピソード2061>
 先日メインキャストの総入れ替えがアナウンスされたアニメ版ドラえもんですが、どうやら入れ替えは声優陣に止まらず、監督や脚本といったスタッフも交代になる模様。そうなるともう、全く別の作品という感じになるのかもしれませんねぇ。とはいっても白黒時代とカラー版ほどの違いはないでしょうが。

 ところで、ちょっと前の日記に書いたドラ落語の林家たい平師匠ですが、病気療養中のこん平師匠の代役として、笑点大喜利メンバーを務めることになったそうで。老練な先輩方の中で30代のたい平師匠が四苦八苦いる様が早くも目に浮かびますが、ともかく頑張って下さい。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ