テレビ

ダンテさん声優決定

<真うかつエピソード2879>
 この春からWOWOWで放送予定のアニメ版デビルメイクライですが、タイトル通り発表とあいなりました。今まで日本語を発したことの無い人でもあるし、個人的には出来れば今までゲームで声を当てていた方に英語でセリフを喋ってもらい、字幕が日本語というのを希望していたのですが、さすがにそれは無理だったみたいです。で、肝心のダンテさん役ですが、森川智之。うーむ、最近はアニメにとんと縁遠くなってしまって、名前は聞き覚えがあるんですが、どんな声の人だったか思い出せませんな。で、調べてみました。

morikawa.jpg
こういうことラシイ


 うーむ、南条圭ねぇ。かなり渋い声だった、ような。南条くん以外では他にソウルキャリバーの御剣とか鉄拳のファランとか演った人だそうです。じゃぁ絶叫系も全然OKですね。結構期待が持てそうな気がしてきましたよ。

 他のキャスト一覧に目をやると、

パティ:福圓美里
モリソン:大塚明夫
レディ:折笠富美子
トリッシュ:田中敦子
シド(悪魔):野沢那智

 ああっ!野沢那智が激しく気になる!

---

<本日のアウトドアJIS コード:898e 「猿」>
898e.jpg
撮影地:青森市・奥野
備考:このコーナーを始めてから、各所で神社を見かけたら必ず寄るようにしてますが(珍しい字を撮れる事が多いので・・・)、この辺りではサルタヒコ(真・女神転生IIで国津神:Lv43)が祭られている確立が非常に高いです。これは奥野の消防分団の隣にある神社で撮影。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

上田晋也に絶対答えられないクイズを考えよう

ueda.jpg


<真うかつエピソード2866>
 一昨日の「くりぃむしちゅーのたりらリでイキます!!」で芸能人同士がお互い即興で考えたクイズを出し合って対決する、という企画をやってました。もうちょい詳しくルールを書くと、

1.出題者が15秒以内に問題を考えて出す
2.15秒以内に出題者がクイズを出せなかったり、解答者に正解されれば出題者の負け、解答者が不正解だった場合、攻守交替、15秒以内にクイズを考えて出題
3.以下サドンデスで決着がつくまで繰り返し。

 まぁ別段新しい企画では無いのですが、このコーナーのキモとなるのは、出す問題に全く制限が無いことです。誰にだって一つくらい得意な分野がありますんで、次長課長・井上はガンダムを中心とするマンガ・アニメ問題を出し続け(墓穴を掘って眞鍋かをりに負けましたが)、女医・西川史子は医学専門分野で対戦相手の小池栄子をイラつかせる戦法で一回戦の勝利を収めました。

 まぁしかし、総合的に見てやっぱりくりぃむ・上田が強いんですな。雑学系ならこの人大概の事は知ってます。早稲田に入っているので、一般的な学問分野からの出題もアウト。スポーツや時事問題も得意分野です。それでも無理矢理彼が答えられそうも無い問題をいくつか考えてみましたよ。

 まず、眞鍋との対戦時、この人「相鉄の横浜の次の駅名は何か?」という問題に答えられませんでした。鉄道関係弱い模様。そこでこんなのはどうでしょう?

Q1.津軽鉄道の起点は津軽五所川原駅ですが、終点はどこでしょう?

 先ほどスポーツ問題強いと書きましたが、この人の知識はあくまでも雑学中心で、広く浅い傾向にあります。野球やサッカーのようなメジャーなスポーツならいざしらず、ギャンブル系は結構弱いんじゃないでしょうか?

Q2.2001年、G1阪神ジュベナイルフィリーズを制覇した青森県産馬は?

 またこの人熊本県出身、大学以降は東京住まいなので、恐らくそれ以外の地方に関することは疎いと思われます。そこで、

Q3.青森県でメジャーな焼肉のたれ、KNKスタミナ源たれの「KNK」は何の略?

 ・・・結局みんな青森問題じゃねーか、というツッコミはこの際無しにして下さい。

 ちなみに正解は、A1.津軽中里 A2.タムロチェリー A3.上北農産加工

 そうそう、結局このクイズを制したのは上田じゃなく、問題の傾向を巧みに読んで正解を導き出した相方・有田でした。

---

<本日のアウトドアJIS コード:97b0 「硫」>
97b0.jpg
撮影地:東京都・千代田区
備考:後でもっとマシなポスターかなんかを撮りに行こうと思ってたんですが、いつのまにか上映が終わってました。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

小さいマリア

maria.jpg


<真うかつエピソード2834>
 サウンド・オブ・ミュージックのトラップ・ファミリーの次女ですが、昨日のNHKのドキュメンタリーに出てました。まだご存命だったんですね。びっくり。
 考えてみれば、トラップ一家がアルプスの山を越えて亡命したのは、ナチス台頭時期だから、そんなに前の話でもないんですよね。時代にすると西暦1930年代後半といったところ。あの可憐な美少女小さいマリアも今では90過ぎたおばあちゃんです・・・まてよ?となるとえー、彼女がアメリカに亡命した時の年齢は20歳越えてる?えー・・・映画でもアニメでもまだ子供だった、ような。
 そんなこんなでちょっと気になって調べてみたら、映画でもアニメでもマリア・トラップと大佐が結婚してからアルプス越えまでは殆ど間が無いように描かれてましたが、実際には10年のブランクがあるそうです。そうかぁ、映画だと子供が成長しちゃってキャストの変更を考えなきゃいけなくなるので、その辺の都合で変更されたんですね。
 そんなこともあってか、マリア・トラップ御本人及びその子供たちは、現実とだいぶ離れた映画の脚色にご立腹だったそうですが、一番納得いかなかったのはトラップ大佐の性格描写だそうで。どうやらあそこまでの変人ではなかった模様。
 そうはいっても、サウンド・オブ・ミュージック及びアニメのトラップ一家物語が名作であることには変わりないので、未見の方は是非ごらんになって下さい。

---

<本日のアウトドアJIS コード:8b87 「窮」>
8b87.jpg
撮影地:青森市・合浦
備考:合浦公園にて撮影。こういう観光名所の由来を説明する掲示板にも、そうそう滅多にお目にかかれない字がありますが、被写体としてはやっぱり面白くないのが難点です。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

右から左へ受け流す歌

katuyama.jpg


<真うかつエピソード2831>
 前回の「ガキつか」に彗星のように現れ去って行った、ムーディ勝山歌うところの右から左へ受け流す歌が、今頃になってジャブのように効いてきました。ふと気が付くとうっかり口ずさんでたりするし。
 しかし誰も指摘してないけど、自称作詞作曲本人のこの歌、メロディラインの一部がアニメ版「すごいよ!!マサルさん」のEDに似てますよね。

---

<本日のアウトドアJIS コード:96ef 「厄」>
96ef.jpg
撮影地:青森市・安方
備考:善知鳥神社にて撮影。本日節分祭用のお飾りの一部ですが、撮ったは数日前なのでわりと閑散としてます。右の鬼に似てる顔の人、結構いそうな気がします。サブちゃんとか。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

編集パワー

sirou.jpg


<真うかつエピソード2804>
 本日、去年末に収録を見に行った笑点の放映があったのですが、そん時の日記に書いた通り、マギー司郎師匠の手品では、2回ほど大きなハプニングがありました。そのうちの一つは前座の若手噺家さんが、紹介の時にうっかり師匠の名前を「審司」と間違えて紹介してしまったことでした。これはその場で司郎師匠や歌丸師匠が上手く笑いに変えてくれたので何事も無く進行しましたが、二つ目のほうが問題でした。手品の途中で師匠ってば、「赤いハンカチ」と言うべきところを「白いハンカチ」と言い間違えてしまったんですね。しかも師匠、そのことに全く気づかずに最後まで手品をやり終えてから、スタッフに指摘されてようやく知ったのでした。「どぉーりでお客さんが不思議そうな顔しているはずだよ~」とは師匠の弁でしたが、そのままでは放送するのに具合が悪いと言うことで、「白い~」のとこを「赤い~」と言い直して、そこだけ撮り直しました。その辺の編集具合がどうなっていたのか大変興味があったのですが、オンエアではそりゃぁもう何事も無かったかのように、おっそろしいほど自然に繋がってましたね。さすがプロのお仕事、と思いつつ、やっぱりある意味怖いです、テレビって。

---

<本日のアウトドアJIS コード:96b0 「眠」>
96b0.jpg
撮影地:青森市・堤町
備考:もちろん青森市にはパンダはいません。つか動物園すらないし。いったい何のコッチャと思われる方が大多数でしょうが、撮影地が堤商店街の千葉自転車商会、といえば、近在の方なら「なるほど」と合点がいくはず。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

女王様の戦い

hisshu.jpg


<真うかつエピソード2803>
 テレビで百人一首のクイーン戦をやってたので何となく見たんですが、さすがにここまで出てくる人は強いですね。しかも若い。今年のクイーンは2度目の防衛に成功した楠さんという高校2年生の女の子。ということは、女王の座についたのは中学三年生ですか。やはり只者ではありません。

 で、毎年見て思うことですが、これでもオイラ昔百人一首部だったんですが、年々覚えている札が少なくなるなぁ、と。もうスラスラっと出てくるのは紫式部とか天智天皇とか有名どころの歌と、「ちはやぶる」とか別方面で妙に有名な歌だけですね。それはちはやの本名だ。お後が宜しいようで。

---

<本日のアウトドアJIS コード:8ccc 「故」>
8ccc.jpg
撮影地:青森市・松原
備考:言いたい事はわかるんですが文章は変。「地域から」を削るか、2度目の「から」を「に会わぬよう」とかにするべき。誰か書く前に気づかなかったのかなぁ。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

マグロ

daimon.jpg


<真うかつエピソード2802>
 年末から正月にかけてやたらとマグロを釣る番組をテレビでやってたんですが(ていうか今も放送中だしまだ未放送のもある有様ですが)、去年末の大間にはいったいどんだけのテレビクルーが出入りしてたんでしょうね。カメラ銀座もいいとこだったのではないでしょうか。

 で、その中の一本、渡哲也が出てるその名もズバリのドラマ「マグロ」。とことんディティールとリアリティーにこだわった作りだそうですが、大間にあんな訛っていない漁師はいないと思った。

---

<本日のアウトドアJIS コード:88b1 「鯵」>
88b1.jpg
撮影地:青森市・堤町
備考:「鮪」はまだ撮ってませんが、これは料理屋で発見。魚へんの漢字は種類が多いんですが、あまり見かけないので困ります。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

今更ながらM-1の話

eiyu.jpg


<真うかつエピソード2793>
 ちょっと旬を逃した感はありますが、イブに行われたM-1の感想なぞを。

 優勝したチュートリアルは途中下ネタが入ったときだけは「どうかな?」とも思いましたが、それを除けば大安定で、もう何の文句も付け様が無くダントツで面白かったです。おめでとう。しかし今日現在「チュートリアル」をGoogleでイメージ検索しても、1枚目に君たちの映像はないですぞ。精進しなされ。

 次に2ndに残った2組。フットボールアワーは・・・どうでしょうね。1stの時は面白かったんですが、決勝では精彩を欠いたというか、ぶっちゃけ岩尾が何言ってるんだかよくわからなかったんですが。
 麒麟は結構面白かったです。噛んだ後のリカバリーも上手に出来てたし。ただチュートリアルの方が遥かに面白かったというだけで。

 その他の中で個人的に面白かったのは敗者復活からきたライセンスとアマチュアコンビの変ホ長調。特に変ホ長調はプロでは絶対出来ない、大物芸能人をこき下ろしたヤバ目のネタで、審査員のドン引きぶりが最高に可笑しかったです。

 で、今回の大会を見て思ったことは、この大会で全国区になったり有名になった芸人、特にキャラ作りを重要視しているコンビは次の大会からかなり不利になるんじゃないかなぁ、ということです。判りやすいところで言えば、一昨年彗星のごとく現れ、去年は決勝に残るも最下位、今年はエントリーすらしてない南海キャンディーズ。一昨年はそりゃあ面白かったですよ。しかしその面白さは「しずちゃん」という得体の知れない不思議キャラが醸し出す不安定感から来ていたものであり、その後テレビのバラエティーに引っ張りだこになったり、CMや映画に出ていくうちに彼女の得体はどんどん知れてしまったわけですよ。化けの皮が剥がれたとでもいうか。そうなってしまってはもう、本業の漫才ではイマイチ笑えなくなってしまった感があります。同じことがどうも笑い飯や、フットボールアワーにも言えてるんじゃないかなぁと思うのよ。出始めの頃はあんなに面白かったのに。

 そういう意味では変ホ長調も来年が正念場かもしれません。失うものは何も無い(よね?)ので是非奮起してもらいたいところ。来年もあの審査員のドン引きっぷりが見たいのよ。

---

<本日のアウトドアJIS コード:8f49 「終」>
8f49.jpg
撮影地:青森市・長島
備考:国道4号線は日本で最も長い陸路の国道(日本橋-青森県庁前)ですが、その起点は非常にアッサリしています。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

木久蔵さんの新しい芸名を考える

kikuzo2.jpg


<真うかつエピソード2744>
 笑点でお馴染み林家木久蔵さんが、名跡を倅のきくおさんに譲ることになり、本人は目下新しい芸名を募集中なのだそうな。早速いくつか考えてみましたよ。

・林家黄右ェ門
・林家麺太郎
・林家与太郎
・林家呆之助
・林家イヤンバカン

 ・・・全然いいのが浮かばねェです_| ̄|○。今更ながら木久蔵って適度に威厳がありかつ呼びやすく、字面も良くていい名前です。そうですねぇ、当代正蔵の二の舞(せっかく改名したのにキャラに合わない為いまだにこぶ平呼ばわり)ためにも、長年の相性「きくちゃん」の「木久」が残る名前するといいと思うのココロ。木久助とか。

 それにしても何故彦六ではダメなのか?あとジャロのCM(きくぞう、きくぞう、話をきくぞう)も倅にシフト?
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

日本放送協会

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

<真うかつエピソード2733>
 2,3日前から上のNHK時計をメインインデックスに表示してますが、これ見て「うぉっ懐かしい~」と思った人は30過ぎてますね。白状なさい(笑)。
 ところで、オイラは大学に入るまで青森県青森市で過ごしたワケですが、この間この地域で受信できたテレビチャンネルは、NHK、NHK教育、RAB(日テレ系)、ATV(TBS系)のたった4局。何と見られる局の半分がNHK(笑)。その後1991年にABA(テレ朝系列)が出来、現在ではケーブルテレビも出来てフジ系、テレ東系も見られるようになりましたが、それでもNHKという局にはそれなりに思い入れがあるし、好きです。そりゃまぁ受信料の問題とかいろいろ山積してますけど、スポーツ中継はどの局よりも安心して見られるし、何といっても細木数子を見ないで済む可能性が一番高い局でもあるし。とか言いつつ、話題性だけで紅白の審査員に呼んでくれたりしないでネ。頼んますよ、ホント。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ