テレビ

機神兵団

bareho.jpg


<真うかつエピソード2987>
 ちょっと前にチャンネルNECOでやってた1992年製作のOVA。何だかタイトルロゴが葛葉ライドウにそっくりだったので(もちろん機神兵団の方が先ですが)第一巻を最後まで見てみました。内容は、太平洋戦争期の中国大陸が部隊のスチームパンク系ロボット冒険活劇といったところ。

 90年代前半の作品にしてはキャラクターデザインが若干古臭いのが気になりましたが、特筆すべきはロボットの造詣。サイズこそモビルスーツを一回り小さくした程度のやや小ぶりなメカですが、鉄の重工感タップリ。動かすまでには「専用の鉄道車両で現地まで輸送」→「客車で同行した10数名の技術スタッフによる突貫組み立て」→「動力スイッチon」→「安全確認」→「モーターが機動し、負荷で真空管が破裂」→「ウインチで巻き上げ起立」でよーやく本格機動というアナクロさ加減(褒め言葉)が臨場感タップリで良い感じ。動いたら動いたでパイロットの操縦が、あっちを引いたりこっちを押したりハンドルぐるぐる回したりと、異様に手間のかかるアナクロ操作(褒め言葉)でこれまた味があって良い感じ。

 ストーリーの方は、時代設定と舞台が舞台だけに軍事下特有の退廃色が強く、また小説原作のアニメ化作品にありがちな原作を読んでない人にとっては、説明不足で基本設定がヨクワカランという問題点はあるものの、あまり深いところは突っ込まず、切羽詰った状況下でたくましく生きる少年を主人公にした冒険譚という見方で見れば結構楽しめます。

---

<本日のアウトドアJIS コード:9594 「部」>
9594.jpg
撮影地:青森県・田舎館村
備考:木造行ったついでに乗換駅の写真もゲット。

JR 川部駅


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

セクシーボイスアンドロボ・最終回

<真うかつエピソード2967>
 何てことは無い結構淡々とした最終回でした。ラスト、ロボとニコの別れ方も大筋でファンタジーな設定のドラマであるにも関わらず、少なくともこの部分は現実的に一番多いと思われる理由だったし、それ故、何だかまた来週第12話があるんじゃないだろうかと錯覚するほどに。ああ、でも最終回なんだな。だから淡々とした終わり方にも関わらず、あんなにも泣けたんだろうな。

 それにしても今更なんですが、

kenichi.jpg
左からオタク会社員、朴訥とした青年、大和の少年兵、天才探偵


 この人たちは本当に同じ役者が演じてるんですか(^^;?他にロックのベーシストとか、金髪のヤンキーとか、チンギス・ハンの息子とか、車椅子バスケ選手とか、才能に乏しいピアニストとかもありますが。

 最後になりましたが、松山ケンイチ、大後寿々花をはじめ、このドラマに関わった全てのキャスト、スタッフが、この先もこれ以上に素晴らしいドラマに出会えますように。

---

<本日のアウトドアJIS コード:93d8 「豚」>
93d8.jpg
撮影地:青森市・浜田
備考:現在青森県に唯一(らしい)熊本ラーメン専門店。浜田はホントにラーメン激戦区です。

味千拉麺 青森観光通り店


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

セクシーボイスアンドロボ・第9話

<真うかつエピソード2953>
 詳しく書いちゃうとガリガリのネタバレになってしまうので、サラっと書きますが、まずは先週今週と2話連続だったセクロボ8話における疑問(前回のブログで書いた奴)が9話でどう解消されたかについて。

1.プッチーニ三人組の目的は?→知りたかったのは、活動を始めた動機でしたが、同時に続けていた動機も大筋で理解。解決。
2.ロボはもう戻ってこないの?→これはまぁ書くのはヤボってもんでしょ。解決。
3.ニコはどーなっちゃうの?→同上。解決。
4.もたいまさこは後半大暴れするのか?→ライフルを無反動でぶっ放した(^^;ことを除けば目だった活躍は無く。一応解決。

 とまぁたまたまブログに書いた事柄については大筋で解決したし、話も綺麗に纏まって終わったんですが、それでもどうしても腑に落ちない点が。

---

 プッチーニは同じ職場で働く現役バリバリの看護師3人組で、死期の迫った患者の最後の望みを叶える事を目的に活動しています。その連絡方法は依頼主の患者が黒い折り紙で折られた鶴の裏に願い事を書くという手段。今回の事件はプッチーニが「地蔵堂の社長と一緒に死なせて欲しい」という依頼を受けた事に端を発するワケですが、この依頼は何年も意識不明の状態が続く社長の昔の恋人からのものでした。

---

 おかしくネ?だって意識不明の人が、そんな長い文章(しかも結構綺麗な字)を折り紙の裏に書いて器用に鶴を折るなんてマネが出来るわけないじゃんか。現役看護師が3人もいてそんな初歩的なことに気付かなかったんですか?

 この大きな矛盾にシナリオライターが気付かなかったとは思えないので、色々と考えた結果、今回のテーマとして、「一つのことに偏執するあまり、正常思考状態なら絶対にしないであろう過ちを犯しかける愚かさ」(例:好きな人を失いたくないがために、殺人と言う大罪を見逃そうとするロボ、恋人への負い目から死を受け入れようとする社長、等)を描きたかったのかなぁ、と思うことにしました。

 ところで、放送終了後に次回予告が無かったし、今週のTVブロスにも「次回、次々回の放送内容は未定」と書いてあるんですが、まさか打ち切りってことは無いよね、ね、ね(2回目)。

 とりあえず、

yoyaku2.jpg
DVDは予約しておきました


 まだ受付注文前段階なので、これまた出るかどうかすらハッキリしてませんが。

---

<本日のアウトドアJIS コード:89c6 「家」>
89c6.jpg
撮影地:青森市・安方
備考:青森ではマイノリティーのとんこつラーメン専門店。旨いとは聞いていたものの、屋号が気に入らなくて(ゴメンね)今まで避けてましたが、意を決して入店。噂に違わず凄く美味しかったです。

とんこつラーメン 虎の家


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

セクシーボイスアンドロボ・第8話

maxrobo.jpg


<真うかつエピソード2946>
 基本的に連ドラは見ないことにしてるんですが、セクロボは諸般の都合で放送中止になった第7話の代替放送を含めて、何気に毎週見てます。
 で、何故基本的に連ドラを見ないのかというと、そのドラマが面白ければ面白いほど次週の話が気になって気になってしゃーなくなるからです。その点セクロボは一話完結だからということで見続けてきたのですが、昨日の第8話はドラマ始まって以来の前後編の2話完結物でした。なので見るか見まいか悩みつつも、ここまで見てきたんだから付き合うか、と思いテレビの前に陣取ること1時間。

 あ゛~やっぱ見るんじゃなかったッ!!続きスゲ~気になるッ!!!

 プッチーニ三人組の目的は?社長の命を狙ってる人物って?現実の恋に目覚めてしまった(しかも相手が役者の実年齢で20歳も離れている小林聡美とわッ!)ロボはもう戻ってこないの?そして残されたニコは、ニコはどーなっちゃうのッ!

 更に細かいことを突っ込めば前編で印象の薄かったもたいまさこは後半大暴れするのかとか楽しみではあるけれど、とにかく何が一番今気になっているのかと言えば、この盛り上がりに盛り上がった前後編の第8話って、テイスト的には殆ど最終回一つ前の話やんけ!まさか11回の予定が9回で打ち切りってことはないよね、ね。

 まぁ幻の第7話のこともあるので、放送終了後に出るであろう(出るよね?誰か出ると言ってくれ)DVD全巻購入は既に予定事項に入っているのですが。

---

<本日のアウトドアJIS コード:89b7 「温」>
89b7.jpg
撮影地:青森市・南佃
備考:東青森駅前に数年前に出来た温泉施設。温泉には入ったこと無いんですが、併設のラーメン屋「タンメン亭」のタンメンは旨いです。

つくだ温泉ゆ~ぽっぽ


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

帽子屋と自転車屋とハンコ屋はなぜ潰れないのか?

miyamoto.jpg


<真うかつエピソード2932>
 一昨年「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」という本が大ヒットしましたが、世の中にはさおだけ屋以外にもなんで儲かってるのかわからない商売が山ほどあります。昨日「週刊オリラジ経済白書」という番組でタイトルの三業種、つまりは、

・殆ど客が来ないし、実際店内に置いてあるのはかなり昔入荷した品ばっかりの帽子屋
・ディスカウントショップでもっと安く自転車が手に入るのに、ほぼ原価で売っている自転車屋
・やはり殆ど客が来ない古いハンコ屋

 が如何にして利益を上げているかについてやってました。タネを明かせばまず三店に共通しているファクターは「店が持ち家で人をやとっていない」ので、家賃と人件費がかからない。とはいえ、これは赤字を出さないための条件であり、儲かるための条件ではありません。もう一つの共通項は、「食いっぱぐれのない業者と提携している」。すなわち帽子屋は小学校に通学帽を卸し、自転車屋は近所の郵便局の定期メンテナンスがいい収入になっており、ハンコ屋は役所などの自治体と提携しているので、人事異動の度にガッポガッポと儲かるそうな。帽子屋とハンコ屋はある程度想像がついてましたが自転車屋は割りと目からウロコでしたね。

 ところで最近始まったこの「週刊オリラジ経済白書」という番組。視聴率は苦戦している模様ですが結構面白いです。個人的には小林清志の渋いナレーションがかなりのツボ。次元大介ファンは騙されたと思って一回見てみれ。

---

<本日のアウトドアJIS コード:8ce7 「檎」>
8ce7.jpg
撮影地:青森市・新町
備考:老舗和菓子屋「おきな屋」系列の洋菓子店。お遣い物でよくお菓子を頂きます。

赤い林檎


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

笑点ストラップ

taisuto.jpg


<真うかつエピソード2931>
 あちこち探してようやくたい平さんだけ見つけました。小さいですが右手にジョッキを持っていたりと、なかなか芸が細かく良く出来ております。
 それにしても最近ではどこの酒屋でもサントリー製品自体が品薄になってます。改めて笑点って人気あるんだなぁ、と再確認。

---

<本日のアウトドアJIS コード:8a58 「街」>
8a58.jpg
撮影地:青森県・五所川原市
備考:ショッピングセンター「エルムの街」にあります。出来た当時は日本で最も人口密度が低い地域に出来たフードテーマパークでした。おそらく今でもそうでしょう。

エルムの街ショッピングセンター


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

笑点Tシャツ

shot.jpg


<真うかつエピソード2910>
 サントリービールの懸賞で当たります。デザインが微妙なのが多いですが、番組の1ファンとしてはコレクターズアイテムとして入手しておきたいところ。しかしここで一つ問題が。ウチはキリン党なので、誰もサントリーのビールを飲まないのだ。さてどうしたものか。

---

<本日のアウトドアJIS コード:92c6 「槌」>
92c6.jpg
撮影地:青森市・問屋町
備考:大星神社にて撮影。タケミカヅチ(真・女神転生IIで天津神:Lv48)とスサノオ(真・女神転生IIで破壊神:Lv61)の豪華ツーショット。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

松山ケンイチ

matuken.jpg


<真うかつエピソード2897>
 本日から日テレで連ドラ「セクシーボイスアンドロボ」が始まりました。久々に出てきた青森県出身の大物俳優・松山ケンイチが主演なので色々と注目してますが、とりあえずナンボなんでも片桐はいりから大後寿々花は生まれてこんだろ、と突っ込んでおきたいトコロ。

 ところで先に書いた通り松山ケンイチは青森県出身ですが、この青森県ちゅうところがおそろしく有名俳優を排出してない県でして、オイラが知る限りテレビの連ドラに主演するようなレベルの俳優は、恐らく松ケンが始めてなのではないかとさえ思います。そもそも、Wikipediaの青森県出身有名俳優一覧がたったこんだけ16人。しかもこう言ってはなんですが、地元のオイラでも顔と名前が一致するのはぶっちゃけこの中の3人だけ(松ケン、吹越満、鈴木正幸)だし。

 というわけで、青森県民の期待を一身に背負わされた感のある松ケンを、他所の地方の方々も応援よろしくです。

---

<本日のアウトドアJIS コード:9856 「老」>
9856.jpg
撮影地:青森市・長島
備考:田舎といっても、居酒屋チェーンは他にも白木屋とか村さ来とかつぼ八とか、とりあえず有名どころは一通りあります。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

昨日の黒バラ・世界フィギュア選手権

tise.jpg


<真うかつエピソード2882>
 久々に黒バラらしい企画で個人的には大ヒットだったんですが、ファンサイト等を見ると後半特に「ドン引いた」との意見が大勢でした。うーん、駄目かぁ。こういうダジャレ+変わった人紹介コーナー大好きなんですけどねぇ。

---

<見てない方のための補足説明・黒バラ・世界フィギュア選手権>
 3/25の「中井正広のブラックバラエティ」内にて行われた単発コーナー。無論前々日まで行われた「世界フィギュア選手権」に引っ掛けられた企画ですが、スケート選手は一人も出て来ず、代わりに「美少女等身大フィギュアを10数体所有(全員に名前アリ)している人」「美少女等身大フィギュアを『ロケ』と称して屋外で撮影する人(ロケをすると、人形に魂が宿るような気がするんだそうです)」「美少女フィギュアを改造して、あたかもスッポンポンになっているように作り直す(いわゆる魔改造ですな)人」「等身大美少女フィギュアを相手に、普通に芝居をする石原良純」等が登場。

---

 で、「ドン引いた」人の多くは魔改造の人を受け付けなかったようですが、オイラはこの人別に普通だなぁ、と思ってしまったんですが。等身大フィギュアマニアの人は二人とも顔にボカシ入りだったけど、魔改造の人は素顔で堂々と出てたし。魔改造後のフィギュアにはさすがにボカシが入ってましたが。

---

<本日のアウトドアJIS コード:8ce4 「御」>
8ce4.jpg
撮影地:青森市・栄町
備考:タケミナカタ(真・女神転生IIで国津神:Lv53)。諏訪神社にて撮影。全国どこの諏訪神社でも、タケミナカタは祀られているはず。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

ダンテさん声優決定

<真うかつエピソード2879>
 この春からWOWOWで放送予定のアニメ版デビルメイクライですが、タイトル通り発表とあいなりました。今まで日本語を発したことの無い人でもあるし、個人的には出来れば今までゲームで声を当てていた方に英語でセリフを喋ってもらい、字幕が日本語というのを希望していたのですが、さすがにそれは無理だったみたいです。で、肝心のダンテさん役ですが、森川智之。うーむ、最近はアニメにとんと縁遠くなってしまって、名前は聞き覚えがあるんですが、どんな声の人だったか思い出せませんな。で、調べてみました。

morikawa.jpg
こういうことラシイ


 うーむ、南条圭ねぇ。かなり渋い声だった、ような。南条くん以外では他にソウルキャリバーの御剣とか鉄拳のファランとか演った人だそうです。じゃぁ絶叫系も全然OKですね。結構期待が持てそうな気がしてきましたよ。

 他のキャスト一覧に目をやると、

パティ:福圓美里
モリソン:大塚明夫
レディ:折笠富美子
トリッシュ:田中敦子
シド(悪魔):野沢那智

 ああっ!野沢那智が激しく気になる!

---

<本日のアウトドアJIS コード:898e 「猿」>
898e.jpg
撮影地:青森市・奥野
備考:このコーナーを始めてから、各所で神社を見かけたら必ず寄るようにしてますが(珍しい字を撮れる事が多いので・・・)、この辺りではサルタヒコ(真・女神転生IIで国津神:Lv43)が祭られている確立が非常に高いです。これは奥野の消防分団の隣にある神社で撮影。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ