テレビ

昭和のアニメソング

baffajpg

<真うかつエピソード3243>
 昨日のアメトーークは前回のプレゼン大会から選ばれたケンドーコバヤシの持込企画「昭和アニソン芸人」だったんですが、昭和40年代に生まれ、50年代アニメブームの真っ只中を生きていた者としては中々面白い内容でした。ただ、番組内でもダダ滑りだったバッファロー吾郎・木村の「『誰がために』は石橋貴明のショーケンのモノマネでやると似る」は、オイラも支持できません。似てる似てない以前に、両方ネタが端っこ過ぎて意味不明っすよ。

 んでもって、最後に番組内で出演ゲストによるチョイスの昭和アニソンコンピレーションアルバムを提唱。選ばれた曲は「コブラ」「ロマンティックあげるよ」「草原のマルコ」「今日もどこかでデビルマン」「誰がために」「ドラえもんのうた」「夢を勝ち取ろう」「ミッドナイトサブマリン」(順不同)と中々ツボをついたラインナップでしたが、選から漏れた曲にもいいのがいっぱいあります。オイラ的にアルバムに入れて欲しい曲の一部としては、

・「HELLO,VIFAM」
・「ローラーヒーロー・ムテキング」
・「ブルー・レイン」
・「ニルスのふしぎな旅」
・「銀河鉄道999」(TV版)
・「炎のさだめ」
・「亜空大作戦のテーマ」
・「LONELY CHASER」
・「ポケット宇宙」
・「?謎なぞアイランド」

 etc.また、番組の企画上平成アニメの歌に関しては全くフューチャーされてませんでしたが、この時代はこの時代でそれなりにいい歌もあるんだけどなぁ、と心ひそかに思ったところ。「ブルーウォーター」「走れマキバオー」「約束はいらない」とか。

---

<本日のアウトドアJIS コード:91e9 「鷹」>
91e9.jpg
撮影地:青森市・奥野
備考:自販機シリーズ。お茶ですね。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

警視庁殺人課

buntajpg

<真うかつエピソード3240>
 もう三十年近く前にやっていた刑事ドラマなんですが、ちょっと前にCSのファミリー劇場にチャンネルを合わせたらたまたまやっていたので、うっかり見入ってしまいました。

 主演は菅原文太。アメリカで10年間NY市警勤務の実績を引っさげた警視庁の精鋭部隊・殺人課のリーダー通称「ミスター」を演じております。脇がまたゴージャスで、文太さんのよき理解者の上司役鶴田浩二を始め、中谷一郎、梅宮辰夫。チョイ役でディック・ミネ。若手刑事役には売れたてだった三田村邦彦。また、JACの全面協力の下、肉弾アクション、カーチェイス、銃撃などにはかなり力が入っています。

 しかし、これだけゴージャスな布陣で挑んだにもかかわらず、2クールで終了してしまったんですな。おそらくあまり人気が無かったからだと思われますが、実際に見てみて何となく理由がわかったような気がしました。

 まず、オープニングが凄いです。文太以下殺人課の面々の通常訓練と思われる風景等を流しているんですが、刑事一堂が一列に走行する車のドアにつかまったところから一斉に土手に転がり落ちるとか、ホントに実戦で役に立つのか甚だ疑問な奴ばっか。

 こんなんだから中身のドラマも相当凄いです。前回の第20話「幽霊殺人事件 戦慄の白いドレス」を例に取りましょう。

---

 深夜の長距離トラック運転手が山道で幽霊のような女に出会い、驚いて確かめている間にトラックの荷台に全裸の女性遺体が積み込まれているという、謎の猟奇殺人事件が連続発生。早速捜査にあたる殺人課の面々。やがて捜査線上に一人の女性が浮かび・・・

---

 と、このあらすじだけ見ると結構面白そうに思えるでしょ?実際、少なくとも前半部分は結構グイグイ引きこまれて面白かったんですよ。ただ後半がかなりムチャクチャ。女性刑事に現場を再現させて、犯行は「女性一人では絶対ムリ」と判断した文太は、「犯人は女装した男」と決め付けます(女性と男性による複合犯説は、文太の独断で却下)。前述の捜査線上に上がった女性の元彼が怪しかろうと判断した殺人課の面々は、目撃証言から犯行に使われた自動車を割り出します。この時点で所有者を任意同行しても差し支えないような気がするのですが、またもや文太の独断で犯人の面通しをすることにします。これも実際の目撃者のGS店員ではなく、「犯人は女装癖のある男なんだから」ということで「ゲイバーのママに、容疑者はそっちの気がある奴かどうか判断してもらおう。ゲイなら犯人で間違いない」というムチャっぷり。それにしても、放送当時は女装癖=ゲイだったんですねぇ。これはこれで驚きです。

 閑話休題。結果的に面通しに失敗し、まんまと真犯人に逃亡の猶予を与えてしまった文太以下殺人課の面々は、それでも何とか第3の犯行が行われる直前に真犯人の隠れ家に到着します。ここで、刑事が少なくとも3人は同時到着しているというのに、何故か文太だけが突入。残り2名のアシスト無しで犯人に立ち向かいます。この犯人も何故かワイヤーロープにぶら下がって、ターザンよろしく文太に立ち向かい、肩や足に大怪我を負わせたり、銃撃で抵抗する文太の弾を連続バク転で避けたりと、JACの全面協力パワーを無駄に不自然な行動に費やします。

 で、何だかんだと事件は解決しますが、肩と足に大怪我を負わされたはずの文太は、ラストシーンではピンピンしてましたとさ。

 というわけで、ストーリーの骨子は結構面白いにもかかわらず、全体を通してみると不自然極まりない話ばっかだったのが、あんま長続きしなかった原因なんじゃないかなー、と。あと、最初の方ににサラっと書きましたが、女性の全裸死体シーン始め、おねーちゃんの裸が出すぎです。放送当時の時間帯は土曜9時とのことですが、「全員集合」が終わって直ぐの時間帯だというのに、家族で見ていたらドン引きする程度に生々しい女性ヌードが頻繁に登場します。

 てなわけで、DVDセールスもない実にカルトなドラマではありますが、一回ぐらいは見てみるのもいいでしょう。色んな意味で面白いし、話の種にはなります。

---

<本日のアウトドアJIS コード:957e 「敷」>
957e.jpg
撮影地:青森市・東造道
備考:最近ようやく全面禁煙になった模様。

青森県立中央病院


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

やっちまったい・・・

bosatu.jpg


<真うかつエピソード3225>
 話はさかのぼる事2日前。オイラはケータイ大喜利の大ファンで、ルーキーながら毎週ネタを投稿しています。
 ルーキーのお題は毎回放送の数日前に、それ以外のお題は、放送日の朝ケータイのメールマガジンに送られてくるので、確認したら熟考モード。大概はパソコンに向かいながらあーでもない、こーでもないと考えた末、絞った何点かをケータイに送信するのですが、この時うっかりまさかの誤送信。それも最近音信不通のそれほど親しくもない人に!

 ちなみにその時送ったネタの一部がコレ。

お題「アホアホ電鉄なんじゃそりゃ?」
・子供が走っても勝てる
・駅と駅の間より車輌が長い

お題「ハンマー投げの選手(cv:玄田哲章)、何と叫んだ?」
・ぽんぽんないない~!

お題「全校生徒からウザがられている体育教師元気田イクゾー、卒業式に何をした?」
・校長の名前をシュプレヒコール

 ・・・今見ると面白くも何ともないし。
 誤送信先の方にはその後直ぐに釈明のメールを出しましたが、2日経った今も何らレスポンスがありません。ああ・・・。

---

<本日のアウトドアJIS コード:9045 「職」>
9045.jpg
撮影地:青森市・堤町
備考:青森中央郵便局にて撮影。郵便局は民営化後、着々と商魂逞しくなっている様な気がします。

青森中央郵便局


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

きらきらアフロ・テレビ北海道版

matusima.jpg


<真うかつエピソード3198>
 個人的に大好きだったきらきらアフロが、青森朝日放送での放映が去年の12月一杯で放送終了になってしまったので、ケーブルテレビのテレビ北海道での視聴に切り替えたのですが、これがどうも・・・ABAで見てた頃に比べると何となく見づらいんですよ。理由として考えられるのは、まずCMが長い。ABA時代は30秒CMが一本しか入らなかったので、CM明けまでテンポよく繋がってたのが、TVhでは少なくとも4本ぐらい入るので微妙にイラっとくるんですね。
 もう一つ考えられる理由としては、ABA時代のプログラム、「アメトーーク」→「きらきら」→「タモリ倶楽部」という絶妙な番組の流れが無くなってしまったのが大きいような気がします。このスケジュールほんと鉄板でしたねぇ。やはり同じ時間枠での再開を望みます。

---

<本日のアウトドアJIS コード:93c4 「篤」>
93c4.jpg
撮影地:青森市・松原
備考:結構面白いらしい。

NHK 青森放送局


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

牙狼-GARO-

hironobu.jpg


<真うかつエピソード3160>
 ちょっと前にファミリー劇場でなにやら最近の作品らしい特撮ものをやっていたので見てみたら、これが結構スタイリッシュ。続きが気になって更に見続けたところ、CGやアクションシーンもさることながら、話も少々ステロながら細部の味付けが上手く、非常に面白かったので、一気に全話見てしまいましたよ。

 元々はテレビ東京の深夜にやってた作品なのですが、それにしちゃぁ非常に凝った作品です。主人公・冴島鋼牙は人間界に現れ人に憑依した化け物を狩る全身金色鎧CGの「魔戒騎士」に変身して戦いますが、この人がまた生身でも相当強いという設定で、そのため変身前のアクションシーンを長く取っています。白いコートの裾を棚引かせながら、デビルメイクライのダンテさんよろしく長剣一本でバッタバッタと敵をなぎ倒す生身の青年。これがエラくカッコ良いんですよ。変身後のCGによるアクションシーンも回によって出来にばらつきはあるものの大筋で良好。ゲストの俳優陣もこれまた豪華で、峰岸徹、森本レオ、板尾創路といった面々が怪演を見せてくれます。

 しかしまぁ、さっきも書きましたが、これだけ金も手間もかかった作品をよく深夜に半年も流せましたねぇ。全くお子様向けじゃない(裸体と残虐シーン大目)のでおもちゃは売れないし、どう考えてもトータルで赤字だと思うんですが、とにかく一見の価値はありますんで機会があったら是非見てください。

---

<本日のアウトドアJIS コード:9064 「薪」>
9064.jpg
撮影地:青森市・合浦
備考:石油価格が高騰しているので結構薪ストーブが売れているらしい。これはこれで燃料の確保が難しいと思うんだけど。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

いきなり最終回

afro.jpg
昨日のラ・テ欄


<真うかつエピソード3159>
 なんですと!あんな面白い番組打ち切るとはテレビ大阪は何を考えておるのだっ!と逆上したものの、どうやら終わるのは青森だけである模様。そこで矛先を変えて、あんな面白い番組を打ち切るとは青森朝日放送は何を考えておるのだっ!しかも後番組がグータンヌーボだと!あんなんケーブルテレビの北海道文化放送で見ればいいではないかっ!

・・・
・・・
・・・
・・・
・・・

 ・・・あ、きらきらもケーブルテレビのテレビ北海道で見ればいいのか。多分こっちの方が放送遅れも少ないし。何で今まで気付かなかったんだろう?

---

<本日のアウトドアJIS コード:8a5a 「鎧」>
8a5a.jpg
撮影地:青森県・弘前市
備考:サムライトルーパー世代にはサクっと書ける人が多そうな字。オイラは微妙にずれているので、読めるけど書けません。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

M-1'07

sandw.jpg


<真うかつエピソード3155>
 夕方たまたまCSのチャンネルに合わせたら、M-1敗者復活戦の中継をやっていて、これが出てくる連中がやたらと面白いので本選も相当期待して見たのですが、ファイナルに残った3組(サンドウィッチマン、トータルテンボス、キングコング)はどれも面白かったんですが、それ以外はそんなでもなかったかなぁ(^^;。個人的な感想としては、下位の連中よりは、復活戦でやってたスピードワゴンや東京ダイナマイトのネタの方が面白かったです。

 それにしてもサンドウィッチマンは確かに面白かったけど、まさか優勝するとは思いませんでしたよ(関東だし、吉本じゃないし・・・)。有馬記念のマツリダゴッホといい、伏兵が活躍した一日でしたね。

---

<本日のアウトドアJIS コード:9471 「拝」>
9471.jpg
撮影地:青森市・松原
備考:季節ネタを一枚。

青森松原教会


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

空耳ジャケ・その2

sorab1.jpg
お前誰?


<真うかつエピソード3143>
 キース・スウェットの「アイル・ギヴ・オール・マイ・ラヴ・トゥ・ユー」、収録アルバムは「ジャスト・ア・タッチ」でした。つか、キース・スウェットもよりにもよって何でこんな怪訝そうな顔の写真をジャケに選んだんでしょうねぇ?

---

<本日のアウトドアJIS コード:8eb2 「軸」>
8eb2.jpg
撮影地:青森市・新町
備考:年末っぽい催事のお知らせですが、去年の写真なので今行ってもやってません。あしからず。

中三デパート 青森店


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

未来少年コナン

jimusi.jpg


<真うかつエピソード3142>
 キッズステーションで未来少年コナンを放送しているのでちょくちょく見てます。この作品はオイラが子供の頃にやってたNHK初かつ宮崎駿が全話監督を勤めた唯一のTVセルアニメーションです。今見ても色あせない名作中の名作ですが、実は子供の頃この番組あんまり好きじゃなかったんですよねぇ~。
 何でかって言うとそりゃぁ、オープングが怖かったから。重苦しい不気味な音楽と、これまた重苦しい不気味な伊武雅刀のナレーション、画面は大戦により滅びかけた地球から何とか脱出を試みた1隻のロケットが成層圏あたりで力尽きて地球に落下していくという、これまた恐怖心を煽り立てるような感じで。その後すぐに底抜けに明るいオープニングテーマが始まるんですが、怖さが中和されるほどでは無かったです。
 それでもずっと見てたのはやっぱり常に続きが気になる面白い話だったからなんでしょうなぁ。

 ところで前述のおっかない伊武雅刀のナレーション、具体的な内容は「西暦2008年7月。地球は絶滅的危機に瀕していた。核兵器をはるかに超えた磁力兵器により地軸はねじ曲がり~」といった感じなのですが、2008年って来年やんけ。結構近い未来の話だったんですね。

---

<本日のアウトドアJIS コード:9764 「妖」>
9764.jpg
撮影地:青森市・浪打
備考:携帯の番号も併記しているのが今風だなぁ、と思った。
Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ

紅白出場者’07

<真うかつエピソード3136>
 紆余曲折の選考末今年の紅白歌合戦出場者が決まりましたが、個人的関心事はやはり細川たかしの出場辞退です。先ごろネズミ講まがいの事業による出資法違反容疑で強制捜査を受け、破産したL&Gの関連団体が客寄せのためにやっていた無料コンサートに頻繁に出ていたから、というのが辞退の理由ですが、それならこのコンサートに出ていた

akaric.jpg
この人たち


 全員辞退しないとおかしいでしょ?もっとも歌手本人がネズミ講会社であることを知らなかったかもしれないし、だとしたら宗教がらみの客寄せ広告塔と違い確信犯ってワケでもないんだから、開き直って出たって問題は無いと思うのだけれど。なまじっか一人だけ辞退するからむしろ取り沙汰されちゃうんですよねぇ。NHKもこの一件で辞退ってことじゃなくて、そもそも最近ヒット曲が出てないから選ばなかったことにすれば良かったのに。まぁでもそうすると、今回の出場歌手の半分は出られないか。

---

<本日のアウトドアJIS コード:90e1 「雪」>
90e1.jpg
撮影地:青森市・浪打
備考:この季節になるとよく見る注意書き。ここのケーキ屋はヨーロッパ風の瀟洒な斜めの屋根になっているので、確かに注意が必要。

キーファルンバウム


Posted by Haruko

カテゴリ: テレビ