しりとりクエスト外伝4・もりもり鉱山の一番長い日はこんなゲームだったよ

【真うかつエピソード7427】

 外伝シリーズの4作目です。この作品でようやくアイテムを画像で複数持てるようになりました。技術は進歩やで。脱出ゲームらしいギミックは1か所しか無いですけど(^^;。

 まぁでもそんな事よりもこのゲームで語らねばならないのはストーリーでしょう。今回は完全一本道です。ある理由から結論は一つしかありません。プレイヤーの方々から何度か別エンドは無いのか、と聞かれましたがありません、この話はこうじゃなくてはイカンのです。

 でー、一つだけ嫌らしい話をすると、オイラこの物語は当初はかなりざっくりしたタイムスリップものとして考え、徐々に細部をつけ足していったのですが、ギリギリで付け足した「前日談」を加えて最終形が見えた時、「あ、オイラむっちゃいい話作っちゃったスゲー」と自画自賛しておりました。後から考えるとタイムスリップものってわりといい話が作りやすい題材なんですけどネ(^^;。

 といった感じで、オイラの作った作品の中では最も反響があった作品です。今となってはオバマの話とか時代を特定するキーワードが逆に???は感じになっておりますが、それでもキッチリまとめ、やり切った感はあります。またこういう物語を作ってくれって言われても無理だろうなぁ。

 

「丸投げクエスト」に続く。

Posted by Haruko

カテゴリ: ゲーム

Listing Comments

連日の更新楽しませてもらっております〜。一番印象に残っている作品で、子供ながらうるっときたのを覚えています。懐かしい。
q

>q さん コメントありがとうございます。そういえば「アーサー」の伏線を回収したのもこの話でしたねぇ。
HARUKO