丸投げクエストはこんなゲームだったよ

【真うかつエピソード7429】

 30人のキャラクターの中から5人をチョイスしてパーティを組み、魔王討伐隊を派遣するゲームです。と、書くとRPGっぽく見えるけど、実のところロジック寄りのゲームです。キャラクター全く成長しないし(笑)。

 さて、30人の中から5人を選択する組み合わせは1700万通り以上あるのですが、この中で魔王を討伐できるパーティを組む組み合わせはごくごくわずかです。たいていの場合、魔王の城に行きつくことも出来ず、途中で討伐を中断して帰ってくるハメになります。と、書くと遠大なゲームのような気がしますが、何回か派遣しているとこりゃ絶対に無理だ、魔王を討伐できるワケがねぇ、って組み合わせが見えてきます(リーダーを二人入れるとか、ローブを着ずに魔力の高い奴を入れてAコースとかね)。そういうのをどんどん排除していくと、おのずと道筋が見えてくるってもんで、そういう意味では偉大なる先達、eyezmazeさんのゲームに通じる部分はあります。

 やりこみ要素として、全キャラで魔王討伐成功、バッドエンディング回収、能力の全開放なんて要素もあり、前作に引き続きご評価いただいたゲームです。名前ネタを仕込んだのも今作からかな?

 作者個人としては折角なかなか魅力的なキャラを用意したのに、イベントが少なかったかな、と思う部分はあり、その辺りを後の外伝で補完しております。このゲーム単体だとアレックスとかそんなに面白みのあるキャラじゃないですね(^^;。ただ当代のと比べて随分しっかりしている王様と大臣のやり取りは結構気に入っています。

 あとは、そうですねー、番人の本名がわかる希少なゲームではありました(笑)。

 

「魔女っこと封印の石板」に続く。

Posted by Haruko

カテゴリ: ゲーム

コメント一覧

自分はこのゲームを初めに知ったので、パパゲーノの顔を見ようとワクワクして王様の受難をやって、「ほぼ一緒じゃん!」と画面にツッコミつつ大笑いしてしまいました。 やり込み要素ではスルー力の発動に苦労した覚え。 色々試行錯誤して第一回でクリアするパターンを作れた時はかなり嬉しかったです。
ウニダス

フラッシュが終わると聞いて一番に思い出したのがこのゲームです!本当にキャラクターがどれも魅力的で、当時いろんな組み合わせでひたすらやってました。他の作品も大好きです。ありがとうございました。